きゃの録

きゃのの備忘録。

いつだってスタンドプレイヤーだったじゃないか、君は。

漠然と、誰かと何かを一緒にしたいなあと思うことがよくある。

ここ2年ほどは少なくとも年の半分以上は旦那が帰ってくるまではひとりで過ごしている私だが、ひとりが好きな半面、誰かと何かをする、というのもまた強く渇望している節がある。

この場合の「誰かと何かをする」はただ一緒に遊びたいとかそういう類のものではなく、何かを一緒につくりあげたいとか、同じ方向を向いて何かを一緒に達成したいというようなそういう類のものだ。

思えば子供の頃から、「仲間」というものに異様に憧れているようなところがあり、今でもそれができている人を見ると羨ましく感じることがある。

だけど、大人になってふと思う。

小学生低学年の頃、どちらかというと目立つ方だった私はクラス全員の前でバレンタイン会なるものを企画し学級会の如くクラスの男子全員に参加希望を聞いたりなどしていた。

恥ずかしい。
現在のただの問い合わせの電話すら億劫でなかなかかけられない自分からは考えられない。

そして、転校先の小学校ではなぜか私が創作した小説のようなものをホームルームのような時間にクラスのみんなに先生が読み聞かせるという謎の時間が設けられたこともあった。
今考えると何でそんな展開になったんだろう。おかしい。恐ろしすぎる。
そのときひとりの男子に言われた、「お前のおかげで授業がつぶれてよかったよ」みたいな皮肉がいまだに忘れられない。

さらに友達と組んで何かを調べて資料をつくり発表する、という課題があったときに、私は頑としてひとりでやることを主張し実際にひとりで全部つくって発表したり、友人とお弁当を食べる際は、固定のグループに属さずその都度声をかけて毎回違うグループで食べるみたいなことをやっていた。

その後いろいろなことを経て私は「主張すると損なことしか起こらない」という結論に至り、どれだけ目立たずに事なかれ主義で生きていくかという方向に中2あたりでシフトチェンジしてしまうのだが、これがよかったのか悪かったのか20年以上経った今ではわからない。

つまり、私のそもそものベースはすごい我が強くてスタンドプレイなのだ。
怖いものをまだ知らなかったために、幼少時の私は思うままにそれができていた、という話。

そこを繕うようになったから、以降は普通に集団の中ではうまくできないことも多くて、大学で憧れていた仲間のいる生活も最初にできてしまったグループがあまり合わず、楽しみにしていた軽音サークルも合わず、その後入り直した専門学校も合わずにさらにノイローゼ気味になり、社会人になれば組織が合わずで散々挫折してきた。

いまでも全然彷徨って自分のダメさに嫌になる方が多かったりするけど、そもそも自分が考える「ダメ」って何なんだろうと考えると「ちゃんとできていない」と思っていることだったりする。
本来ならもっと周囲とうまくやれるべきだとか、普通の人だったらこれくらいはできるべきとか、自分で「こうあるべき」ラインを勝手につくってしまって、勝手に苦しくなっている。

これって年齢でもそうで、「30代半ばにもなって」などと考え始めると途端に苦しくなる。「にもなって」とはそもそもどこの尺度で見てるんだろう。一般的か、統計的か、それとも誰かの意見か。
そこに入ることで、ただ安心したいというそれだけのために、その中に入りたいと思っている自分がいる。

そんな中でも、ハッキリと「この時代は楽しかった」と言えるときがあって、

  • 中3:気の合う2人とグループでよく遊び、一緒に受験勉強したこと
  • 大学生:バイト先の仲間と深夜に語り合ったり、一緒に遠出したこと
  • 27歳:勤務先の仲間と家に集まったり外でお茶会などしたこと

の3つがある。
つまり、ベースにはスタンドプレイがあるんだけど、そんな自分を受け入れてくれる仲間と、何か一緒のことをしたときに私は強く喜びを感じるらしい。

ここが、自分がひとりは好きでも「ひとりで黙々と作業をする」タイプではないと感じるところであり、職人系ではないんだなあと思うところ。

で、ここ2~3年はこの「誰かと何かをしたい」というのをものすごく感じているわけなんです。
昨年は思うだけで終わってしまったので、今年はまずどんな形でも自分がいろいろと発信して、そこへ向けて積み立てていきたいなと考え中です。

子宮筋腫手術から1ヶ月

実は3月6日に子宮筋腫核出術を受けたのですが、ようやく1ヶ月が経過。


数年前から発見していた多発性子宮筋腫を結果的に11個腹腔鏡で核出(最初は開腹になるだろうと言われていた)し、手術前から先生にも「めちゃくちゃ子宮切るから術後は痛いと思うよ~もしかしたら2ヶ月は痛いかも」と言われていたが、まだ無理はできないものの幸い1ヶ月ちょっとで痛みも落ち着いてきてくれた。

それでも、術後3週間くらいは痛みが結構強く、なかなか思うように動けない日々が続いて、正直GWの旅行も厳しいかも…なんて不安になっていたのですが、どうにかなりそう。よかった。
(退院してすぐに打首獄門同好会の武道館ワンマンにも気合いでどうにか行こうと思っていたが、こちらはさすがに無理だった。無念)

でも、正直少し甘く見ていた。
腹腔鏡=楽というイメージがやはりあったので、1週間もすればだいぶ動けるかな~なんて思っていたのだがとんでもない。

硬膜外麻酔(背中に刺すやつ)があれば多少術後の痛みは違ったのかもしれないが、手術前日に確認するとしないと言う。てっきりするものだと思っていた私は「えっそうなんですか」と拍子抜けし、「希望すればできると思うけどどうする?」と言われたものの「皆さんもそうならじゃあ…」という感じでなしで挑んだんですが、いや~~~痛い、痛かったっす。

最初はもわ~んとした生理痛のような痛み(まだ軽い)で麻酔から覚めるんですけど、その直後からものすごい勢いで襲ってくる痛み。ダイレクトな言い方するけど、膣から子宮にかけてもう突き上げるような刺すような痛みに。そして、その状態で「自力でベッドに移ってくださ~い」と促され、嘘だろ…と思いながらもなんとか脚の力で寝たまま移動。

移動しながら担当医に「取った腫瘍見たい~?」と言われたけど、いやいやこのタイミングで聞くの。見たいけど痛くてそれどころではない。「見たいけどいまは無理です」と声を振り絞って伝える。

今回私はICUには入らず直自室戻りだったのですが、移動中ももちろん痛い。そして戻ってすぐ、「ご家族の方呼んでも大丈夫ですか?」って確認されたけどいやいや無理だよ無理無理。痛すぎる。

生理痛ひどいときに横向きで膝を抱えるような感じにするとちょっと和らいだりするあの原理でその体勢になり、看護師さんも確認できずに目をつぶって「無理です」と言う私。できればしたくなかった座薬もそれどころじゃなくなりプライドなんて投げ出して即お願いしました。

少し経つと気持ち痛みが和らいで、さっきの看護師さんと同じ状態で家族と少し話して翌朝までただ待つだけの地獄タイムが開始。

前回脳外科手術では6時間ほどの手術でも麻酔覚醒後吐き気はなかった私でしたが、今回(3時間半)はダメだった。4~5回は戻しました。
でもどっちかと言うと、麻酔による吐き気というよりは子宮からの痛みに誘発されての吐き気のように感じた。生理痛が痛すぎると吐き気しませんか(私は実際に戻したこともある)、あの感じ。

なので吐き気は辛かったもののその中でも腹腔鏡のよさはあって、体勢を変えるのもえづくのもお腹に力を入れてもそこまで影響がなかったのは助かりました。
まあ開腹ならさすがに硬膜外麻酔入るのかなって思うから、少なくとも術後すぐは痛みコントロールしてもらえるのだと思いますが…。ちなみに座薬はその後もう一度挿れた。

今回は体勢を変えるのが自力でそこそこできたので、前回よりは翌朝までの道のりがそこまで辛くなかった。前回は看護師さんにお願いしないと体勢も変えられないし、ICUのベッドも合わなくて手術したところよりも腰の痛みが辛過ぎましたからね。病室のパラマウントベッドは偉大なんですよ、ほんと。あと鼻から胃までのチューブ。あれはトラウマレベルで辛いです。

朝になるとベッドのリクライニングで上体ももう起こせて、午後には尿管も外れて自力でトイレまで行くことができました。


ここまで書いてなんだかキリ的にどこまで書いていいかわからなくなり、あとで見返してもう一度考えようなんて思っていたら1週間経っていた(汗)

1週間が経過して、今はほぼ普通の状態まで戻ってきました。
たま〜にお腹の傷や子宮が痛んだりしますが、自転車に乗っても大丈夫だし、術前にリュープリンで止めていた生理も無事きて、傷だらけの子宮ながらも頑張ってくれているんだなあとしみじみ思ったりもした。

今日まで怖くて締め付け感のあるボトムスはまだ履いてないんですが、これが普通に履けるようになったら本調子という感じかなと勝手ながら思ってます。

コンプレックスをぶっ飛ばせ

甲高い女性ボーカルの歌が昔から苦手なんですが、初めてと言っていいほどその類のガールズバンドを好きになった。

もう結構話題沸騰中の、CHAI


CHAI『N.E.O.』Official Music Video


最初は能町みね子さんのツイッターで知ったのだけど、そのときはまた「それ系」のバンドか~なんて思ってスルーしていた。でも、改めてちゃんとPVと一緒に聴いてみたらめちゃくちゃいい。

みんな、そのままでいれたらいいよね。
悩むなんてね、ふつうのことだよ。
だもんで、そのネガティブ、ポジティブで、ポガティブ。
オーイェイ!!
コンプレックスは、個性なり。
コンプレックスは、アートなり。
かわいいは、ネバーエンディングジャーニー!
エンジョイ。

by CHAI

引用:CHAI『N.E.O.』Official Music Video - YouTube

 
PVに綴られたコメント、もうこれだけで心鷲掴み。
30代女の心にもズキュンズキュンきてしまったんだけど、これ、10代の女の子にはもうそれどころじゃなく魅力的なんじゃないだろうか。

どことなくY.M.Oや矢野顕子さんを彷彿とさせるところもあるのだけど、この生の音がほんといい。すごい骨太なグルーヴ感。


CHAI - N.E.O. [YouTube Music Sessions]


よすぎてめちゃめちゃリピートしました。
PV(CD音源)だとかわいいイメージが上なんだけど、ライブになった途端にすっごいかっこいい曲に聴こえる。こ、これは生で聴いた方がいいやつだZ…!
調べたら昨年には全米8都市ツアーを開催し、すでにフジロックにも出演していた。納得。

とにかく彼女たちのメッセージやスタイル、作り出す世界観がとてもいい!
アルバムもチェックしなきゃだぜ。

PINK※CDのみ

PINK※CDのみ

 

 

お前はもっと、世界に触れろ

今日Twitterで、『長く東南アジアで暮らした人がひさしぶりに日本に帰ったら、「完璧じゃないことをみんなで批判しみんなで罰する社会」になっていることに驚いた』、という呟きを見た。

 子供の頃から生きることにはどこか息苦しさを感じ続けて、大人になれば何か変わるのかもと期待しながらも、実際はいろんなものが見えれば見えるほどその息苦しさはより強くもなったりしている。
逆に、何でも自分で選べる大人になった今、もう二度とあの子供時代には戻りたくないなあとも思ったりする。

30代になって、「いまの世の中って…」なんて思ったりもするけど、学生時代に耳にしていた「秩序のない現代にドロップキック」とミスチルが歌っていたのはなんと24年前。そう考えると、今も昔も世の中にモヤモヤしてるって意味ではたいして変わってないのかもしれない。

身体のバイオリズムにもよるのだろうが、めちゃくちゃ生きてることを楽しく感じることもあれば、めちゃくちゃ恐ろしく感じたりもする。
暗いニュースも聞き続けていると段々それに飲み込まれてしまい、自分は全く事件には関係ないにも関わらず必要以上に寄り添ってしまうことも多々ある。こんなときみんなはどうしてるんだろう?と思うのだけど、友人に相談したところ「感受性が豊かなんだね」と返された(これまで何十回と言われてきたけれど、この返しが私は嫌いである)のでおそらく全く気にならない人もいるんだろう。

私は聴神経腫瘍によって片耳の聴力を失っている。
普段はそこまで気にせず今は暮らせているのだけど、突如としてなぜかそのことについて気にしだしたりする。そのきっかけは「片耳が聴こえない大変さ」について語られたものを見たときや、「健常者」との違いについて語られていたりしたのを見たときであったりする。

もう片耳になって4年が経つのにまだそういうところで揺らぐんだなあと自分でも思うが、そこについても外部の刺激によって不安定になるといういわゆる「感受性の強さ」ってやつなのかもしれない。

でも、手術を受けるまでの私はもっとなんか勇敢だった気がするのだ。
最初の突発性難聴の症状から、まさかの脳(聴神経)腫瘍の発覚、初めての手術が開頭手術になるという不安、自分の意志ではどうにもならない症状、あの時の方がよほど苦難に向き合っていたと思うのだけど、とにかく手術待ちの7ヶ月の間気持ちを挫けずに強く持つことに全神経を注いでいた。我ながらあのときの自分はよくやった。

そのとき私が何を心がけていたか?というと、大きく挙げるなら

  1. 同じ病気や、他で闘病している人でポジティブな闘病記のみを見る
  2. 身内と極少人数の友人にしか手術までは病気について話さない


の2点。

まず1については、入院・手術をしてからより痛感したのだけど、例えば全く同じ病気・症状の人がいてもネガティブまっしぐらになる人もいればポジティブに考えられる人もいるように、受け取る方の姿勢で感じることは全く異なる。
幸い、同じ病気でポジティブな闘病記を残してくれていた方が数人いたので私はとにかくその闘病記を読みこみ、手術や入院生活、メンタルのイメージを自分に植え込んだ。
実際にメールでやり取りもさせて頂いたりして、「片耳でも、問題なく暮らせていますよ!」という力強い言葉も頂いたりしていた。

2については、私にとって多数の人に話すということは、その数だけ病気について説明し、それについての反応を受けとめなければならないということだった。
一から説明するということは、「自分は病気だ」と無意識に自分に言い聞かせることになるのでできるだけ避けたいと思い、さらに相手の反応によって傷ついたり変に思い悩んだりするストレスや、それが蓄積されて後々思い出したりする事態を避けたいとの思いからだった。

結果、この2点はかなり効果があった。
それでいま思うと、これって普段の生活でこそ心がければいいんじゃなかろーか。

私が若い頃影響を受けた安野モヨコさん著『美人画報ワンダー』の中に、こんな安野さんの言葉がある。

 美しい人はいい。美しい物もいい。
 美しい風景、美しい言葉、美しい音、光、香り。この世に美しいものは溢れかえっています。しかもそれを見たり感じたりするとものすごく気分もいい。体調がよければ自分自身も美しい。
 それなのに私、ついうっかりとわざわざ美しいものに耳を貸し、目を向け、美しくない感情にあおられ、美しくない心について怒ったり嘆き悲しんだりしていました。
 すると不思議なことにどんどん体調も頭も悪くなって、美しくなくなっていったのです。


読んだ当時も胸に響いたのだが、まさに最近の私もこれだったなあという気がしていて、とにかくネットを見過ぎである。
ツールで言えば長年Twitterを一番使用しているのだけど、ここ最近はお客様掲示板や学級会色が強い感じがあってちょっと趣が変わっちゃったなあと。

それでも楽しい呟きもたくさんあるので辞める予定はないけど、見る必要のない言葉を目にして無駄にダメージを受けることも多くて、ちょっと付き合い方を真剣に考えないとなと思ってるところ。
あともう癖になりすぎて、気付くと画面を開いてるんですね。怖い。
そのダメージ受けてる時間と、ダラダラ見続けてる時間をちゃんと計測したら1年でかなりのものになる気がするので、その時間をもっとなんかいいことに使いたいな、と思ったわけであります。

先日ひさしぶりに小説を読み始めたら、自分ではうまく説明がつかないような感情をよくこんなに巧みに表現できるなあと感動すら覚えたので(ちなみに宮部みゆきさんの「ソロモンの偽証」)、いつの間にか遠ざかっていたいろんな世界と触れ合わなければなと、痛感した次第です。

ハローハロー世界。

【アンケ検証】絶叫系苦手人は、レイジングスピリッツとセンターオブジアースに乗れるのか?

こちらの記事は前ブログで書いていたものなのですが、当時もこの記事だけでコンスタントにアクセスがあり、やはり気になっている人たちは多いのだなあと身をもって感じたもの。
ついに春休みも本格突入ということで、このタイミングに合わせて再掲です。

ちなみに、私はいまだにどちらにも乗れていません。
(いまのところどちらも無理という結論が継続中)

続きを読む