きゃの録

きゃのの備忘録。

1枚でも多く

絵を再開してからというもの、楽しいことが増えたものの葛藤することも多くなってきた。



気づくと、いつも考えてもどうしようもないことに想いを馳せ、そうしているうちに追い越されてまたそうして落ち込んだり。

そろそろ変わろう自分。
考えるなら1枚でも多く。

 

僕はまず最初のとっかかりとして「自分の好きなものって何なんだろう?」と自問するところから始めました。
絵を書き始める時って僕もそうでしたが、好きな絵をみて、それに憧れて楽しくて絵を書き始めるんじゃないかな、と思います。ただ、その中でも「他人と何か違うものを……」と考えるときがあると思うんですよね。だけど、なかなかその「他人と違うもの」は真剣に自分と向き合わないとアウトプットできない。
僕もあるとき、そこを見抜かれて、上司にダメ出しされまして(笑)。
ちゃんと自分が一番いいと思うものを作りなさいよ、と。

www.pixivision.net


感銘を受ける言葉はいっぱいあるのだけど、なかなかとっちらかって留めておくことができないのでここで、メモ代わりに残していければなと。

すごいと思っている人は、自分が思うよりも何倍も、何十倍も手を動かし行動している。

広告を非表示にする

新しい季節を迎えた君へ

気づけば前回の記事から実に2ヶ月が空いていた。
相変わらず絵に描いたようなダメな生活を送っている私だが、桜も咲いて友人の子も入学式を迎え、さっき風呂に入っていたらふと浮かんだことがあったので書いてみる。

小・中学校と同じだった彼女に再会したのは、25、6の頃。
働いていた近場のショッピングセンターの雑貨屋で、彼女は母親と一緒に買い物に来た。
彼女も私も全然変わっておらず、学生の頃はあまり接点がなかったのだがその後も何度か来店し、連絡先を交換してお茶をすることになった。

彼女は当時大人びていて、いつも女子の中でも目立つグループにいた。
私はそういうグループが苦手で、全然違う世界の人だなあと思っていた。
いわゆるスクールカーストというやつ。

近場のミスドで会った彼女は、すでに結婚していることや、相手の家族と合わずいろいろあったこと、さらに旦那さんが仕事で精神的にやられてしまい、大変な思いをして退職したことなどを話してくれた。

そして何より驚いたのは、当時彼女はそのグループも、もともと人と関わること自体も本当は苦手で、当時の人たちに自分がいまどうしているかも知られたくないのでSNSなども一切やっていない、ということだった。

彼女は私なんかとは全然違うと思っていたのに、本当は大した壁などはなくて同じようなことを悩んでいる不器用なひとりの少女だった、という事実は私にとって結構衝撃だった。
そして、初めてお茶をした彼女はとても親近感があって喋りやすく、10年以上の時を経て同級生と仲良くなるなんて不思議だなあと思いながらまたお茶しようと言って別れた。

残念なことに、その後彼女との唯一の連絡手段だった携帯そのものを紛失してしまい、その術を失ってしまったので彼女とはそれっきりになってしまったのだが、今でもときどき何してるかな、会いたいなと思ったりする。

中学は私にとって暗黒時代そのものだったのだが、これまた何の因果か中学の同級生と私は結婚し、切っても切れないものになってしまった。

特にその暗黒の元凶だった部活の呪縛は卒業後も軽く5年以上は続き、もうこの先忘れることなんてないのかもとも思ったが、30半ばになった今ほとんど思い出すこともなくなった。

あの頃私は自分がどうにかなっちゃえばいいのに、と思っていた。
どうにかなってしまえば、逃げても許される口実になる、そんな風に思っていた。
でもどうにかならなかったので、ひたすら耐えるしかなかった。当時部活を途中で辞めるというのは自分にとってものすごい悪で、辞めてしまったら明日から学校の中で生きていけない、それくらいのことに思っていた。
学校というのは、ひたすらに狭くて、だけどあの年齢の私にとっては全社会だった。

でも今ならあの頃の私に言える。
別に逃げてもいいよ、自分が壊れるくらいなら部活なんて行かなくていいよ。
辛ければ学校も行かなくてもいいし、親が理解してくれなければ家出してもいいかもしれない。
だってそこは本当に小さな世界で、あなたが楽しく生きていける世界は絶対に他にあるはずなんだから。

その後も20代は持病に苦しんで仕事もロクに続けられなかったし、30代ではまさしく彼女と同じように旦那が休職、離婚危機などを経て、さらに稀な脳腫瘍が発覚して手術したりもしたけど、今の私は割と楽しく人生を送っている。

だから人生なんてどうなるかわからない。

もし、小さな社会の中で苦しんでいる人がいたら、あなたがまぶしく思えているあの人ももしかしたら同じように悩んでいるかもしれないし、その場所が絶対なんてことは決してないと伝えたい。自分が死ぬことに比べたら、その場から逃げることはそのときはしんどくても全然恥ずかしいことじゃない。逃げると思っているから辛くなる。そこからいないくなるというただの一つの選択肢くらいに思ったらいい。


全く会っていなくても、何してるかな、会いたいなと思う人には長い時間かかっても会えることが結構多い。実は旦那もそのひとり。15年以上経って会えた人もいる。


もうあのお茶からは10年経ってしまったが、だからきっと彼女にもまた会えるかもしれないなと密かに思ったりしている。

【アンケ検証】絶叫系苦手人は、レイジングスピリッツとセンターオブジアースに乗れるのか?

ディズニーシーに行ったことのある絶叫系苦手人なら、一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

「何とか頑張って乗ってみたいけど…どれがどれくらい怖いのかわからない」

かくいう私も、例に漏れず絶叫系苦手人。
早いのは大丈夫だが、落ちるのだけは勘弁してくれジャンルです。

あの腰がふわってする感覚が死ぬほど苦手です。
飛行機でもちょっとふわっと落下する時あるじゃないですか。
途端に手から汗が吹き出します。
飛行機は好きなのですが。

ディズニーシーにはもう4回くらい行っている私ですが、どうにか希望を持ちたいと毎回ネットで絶叫系の同じような意見を検索し、乗ったことのある知人などにも聞いてみます。

ですがこれまた答えは千差万別。

例えばレイジングスピリッツだと、夫は「回転なんて一瞬で終わるから怖さは感じない」と言いますが、友人は「あの回転がものすごく長く感じる、落ちるのダメならもっての外」と言うわけです。
なんだそりゃ。
前者ならちょっと挑戦してみようかなと思いますが、後者で全力で回れ右です。

そんなことがずっと続いていたのでもっと大きな母体で聞いてみたいという欲求が沸き上がり、思い切って初めてツイッターでアンケートをしてみました。
ちなみに私の中でタワテラは絶対に無理、永久に無理というレベルのため、除外しています。

 
そして、出た結果がこちら。
先にお詫びしておきます、検証から2ヶ月も記事にできず放置になってしまっておりました(汗)

まずは500票を超えた票が集まりまして、さすがディズニーだなあ!と感動。
ちなみにこの結果、200票を超えたあたりからほぼ率は結果と同じ状態になりました。

これを見ると、絶叫系苦手でも半分の人はどちらにも乗れるということになります。
そして、レイジングは乗れるがセンターは無理、が逆パターンよりも2倍の結果に。


と、結果から考えるとそういうことになりますよね。

ここで確認しておきたいポイントは、レイジングスピリッツはジェットコースターで一回転、センターオブジアースは急上昇からの急降下がそれぞれ一番の難所であること。

さらに頂いたリプライから見えてきたのは、「センターの方が落ちるのが短いから耐えられる」派「レイジングの方が落ちるのが短いから耐えられる」派という2択。

以下、頂いたコメントを交えて検証してみます(みなさま許可済です)。コメントくださったみなさま、ありがとうございました!

@okapicocco リプ失礼します!落下系絶叫が苦手な私はレイジングは耐えられますがセンターはつらいです。レイジングは体感で落下2回回転1回。落下は速く短いので踏ん張って耐えました。センターの落下は最後だけですがかなり長く踏ん張りが無効になるのを感じ魂が抜けそうでした。

— ノギ (@hoop_cannon) 2016年11月13日

@okapicocco スプラッシュの落下は浮遊感も感じていますがセンターは下から引っ張られてるんじゃないかってくらい速く、スプラッシュより長いと感じました。同じ感じかあるいはもっと怖いです。先日センターに乗った時は叫び声すら止まり息ができなくなりました。

— ノギ (@hoop_cannon)  2016年11月14日


これを見て、私はこれに近そうだなって思いました。
なぜかというと、何とか一度乗ったスプラッシュマウンテンが無茶苦茶怖かったからです。
スプラッシュもだいたいは最後の落ちるところにかかってくると思うのですが、私は途中の場面場面を移る時に少し落ちる部分すらもダメで、スプラッシュは完全にトラウマです。
(おそらく絶叫系好きには気にすらならないところ)

@okapicocco 絶叫系苦手な私はSeaではインディ→ジャーニー→レイジング→タワテラの順で挑戦が良いのではないかなぁ、と思います(最初インディも怖かった)
レイジングは速度の速さと一回転がありますし…ジャーニーはひぇってなるのは後半の加速と落下部分だけだと思うので…。
ー麻倉もにゃ@CP+は初日予定 (‏@princessxmonya)  2016年11月12日

@okapicocco スプラッシュもジャーニーも落ちる時にしっかり捕まってなるべく遠くを見るように今はしてますよ!
最初は目つぶって下向いてました笑
音もあるので怖さはジャーニーのが少し上かな?と思います!
ー麻倉もにゃ@CP+は初日予定 (‏@princessxmonya) 2016年11月12日


こちらはセンターオブジアースの方が一瞬で終わるという意見。
というか、センターオブジアースってジャーニーって呼ぶんですね!正式名称がジャーニー・トゥ・ザ・センター・オブ・ジ・アースだからのようです。
初めて知りました~(汗)

この方には、「ちなみにセンターとスプラッシュではどちらが怖いですか?」とも質問したところ頂いたのが2つめのコメント。こちらも最初のコメントの方と同じくジャーニーのが少し上ということで、スプラッシュがトラウマの私にはますます厳しそうになってきた。

@okapicocco レイジングは夜に乗るとレールが見えないので怖いですが、昼間に乗れば次どの方向に行くのか見えるので大丈夫ですヾ(´・∀・)ノセンターは最後の急旋回が怖いですが、落ちるのは意外と短いので耐えられますよ(´∀ノ`*)
ーもん (‏@y_onelove_g) 2016年11月14日

@okapicocco すみません!!センターは急旋回ではなくて急上昇の間違いでした└(゚ロ゚;)┘旋回はしないです!!センターは途中から怖い感じですけど、レイジングは最初の方からスピードがあり、一回転もするのでレイジングの方が怖い気がします(^-^;
ーもん (‏@y_onelove_g) 2016年11月14日


そうなんです、ここもたぶんポイント。


「レイジングは最初の方からスピードがあり、一回転もするのでレイジングの方が怖い」

レイジングスピリッツはジェットコースターなのでずっとスピードと何らかの起伏があるわけですよね。なので、もしかするとジェットコースターが苦手という人にはセンターオブジアースの方がとにかく1回の急上昇と急降下に耐えればいいという点でいけるのかもしれません。

やはりこの体感の差が、どちらの方が怖くないのかというところを分けていそう。
あとはたぶん落下の種類なんですかね。

余談ですが、私はフランダーのフライングフィッシュコースターが怖いレベルです。
というのも前回行ったときにこれは大丈夫っしょ!とりあえずこれ乗ってセンターとレイジング考えようなんて思ってたら「ヒエッ…」となって、すっかり怖気づきました。


つまり…、やっぱり私にはどちらも無理なんじゃないでしょうかね。

ただ、このアンケート結果を見る限りセンターオブジアースの方が怖いと思っている人の方が多いようです。
もし迷っている方は、少しでも参考になりましたら!

ちなみにこのアンケートをして、「スプラッシュマウンテンとセンターオブジアースどちらが怖いのか」というのにも興味が出てきました。

なんかアンケートシリーズ、すごくおもしろい!ディズニーシリーズだけで相当できそうな気がします…のでまたやってみようと思っておりますよ。もし聞いてみたいことなどありましたらぜひツイッターのリプででもお知らせください!

好きなものを好きでいるために



昨年、突然原点に戻り昔好きだったものに打ち込み始めた私なのだけど、今回に限らず好きになったものには毎回と言っていいほど、この想いに直面する。

これは何も好きなものに限らず、いろんなことに当てはまると思う。
好き!と思ってただ楽しんでいるうちはいいのだけど、深く知っていくうちに周りが見えてきて、突然色褪せていくような感覚。

昔よりは少し客観的になったものの、このモヤモヤとした想いを自覚する度に「またか…」と思い、成長もできていないような気がしてがっかりする。

そして、落ち着け落ち着け、冷静になれ。私は何が好きなんだっけ?無駄なものを捨てよ。と唱えられるまでにはなった。
心は凹んだままなのだけど。

 

number.bunshun.jp

多かれ少なかれ人は「評価」というものを気にしながら生きている。「評価」が欲しいために人一倍勉強もすれば、努力もする。「結果」へと繋げるためにはそれしかないことを知っているからだ。

 だが、「結果」と「評価」は似て非なるものである。
「結果」は自らの証と言えるが、「評価」は第三者が下すものだ。

 自らコントロールできない「評価」を気にしたり、追いかけるのではなく、自分がコントロールできることだけに集中する。これがメジャー150年近い歴史の中で30人しかたどり着けなかった3000安打を達成したイチローからのメッセージ。


私の場合、このモヤモヤの大半はこの第三者と評価を気にすることから生まれる。
あの時もこの時もその時も、それさえなければどんなに楽しんでいられたか。
そして、最終的にこの気持ちを見なくてもいいように、その好きなものから離れてしまうことも少なくなかった。

自分もただの第三者になって、すごい人を見て楽しんでいた方が楽なのだ。

でも結局、ただ臭いものに蓋をしただけ。
だから、何度も何度も訪れる。自分が第三者や評価を対象にしている限り。
本当の問題は自分の見方であり、焦点を自分に合わせない限り。

自分は、経験値1の木の棒でラスボスに挑むような無謀な想いを抱いていることがおそらくままあって、そこにすぐ到達できないと分かると諦めたり嘆いたりしているんだと思う。

ちなみにRPGは苦手だ。なぜなら育て上げる過程が面倒くさいから。
何だかここに全部集約されている気がする。




SNSや周囲の声に疲弊している暇があるなら、その時間を自分ができることに充てれるようにシフトしていきたい。


私が好きなバンド・打首獄門同好会は結成して10年以上になるバンドだけど、私が知ったのはつい昨年。
その10年以上を打首さんが頑張って活動してくれていなければ、私は出会うこともなかった。そう思うと、その知らない10年が悔しくもあり、でも継続してくれて本当にありがとうという気持ちになる。

そしていま、じわじわと広がってるその人気を見ると、「長く続けること」の大切さを教えられている気がしている。



もう、言い訳して好きなことからは逃げたくない。と強く思うのだ。

 

私は冬眠しているのか?2月に突入

2月に突入しましたね~早いっ。

とは言っても、1月は再度仙台に帰って仕事を辞めてフリーになった友人の家に泊まりで遊びに行ったりして自分的にはそれなりにアクティブだった。

自堕落な生活を除いては。

冬だからっていうのもあってか本当~~~に起きれなくてですね。
いや、あと寝るのが遅すぎるっていうのもあるんですが。
ひどいと本当に冬眠じゃないの?っていうくらい1日の大半寝てしまったりすることもあって、ツイッターで同じ状態の人が「人間にも冬眠があるから、太陽に浴びるのを意識すること」って医者に言われた話がありましたね。

実際、大半寝てしまって(というより生活が逆転して昼寝て夜起きてる状態)ると太陽に当たる時間は自動的に減っているわけで、太陽を浴びるには早く起きなきゃいけないわけで、早く起きれないから悩んでるわけで…って本末転倒的なね。

結婚しているとはいえ、フリーな身である故にこんな生活でも何とかやっていけてるわけですが、私にとって普通の生活はなぜこんなにも遠いのだろうか。
よくよく考えてみても、学生の頃からあまり変わってない気がする。

学生の頃の方が、体力があった分まだ夜遅くまで活動しても早番でGOみたいなことができましたがね。

それでも、今年はおもしろいことをやりたい、人と出会っていきたいと思ってますので!楽しみ。

今日もテレビで千秋さんの交友の広さが紹介されてましたが、昨年あたりから小栗旬さんとか綾野剛さんあたりの人誑しっぷりに憧れておりまして、すごく理想だな~と思っています。
その、懐に入ることの恐れなさというか。


ところで、今日のアクセス数が何かすごく伸びているんですが何かあったかな?

アクセス解析はてなのしかわからないのでどのルートが多いのか謎なのですが、トータルで多いのはスタマイの記事のようで。

もちろん今もやっておりますよ、スタマイ。
何とか頑張って、神楽イベは神楽SSRもゲットしました!
神楽が好きと言うよりは、あのカードの絵柄が好みだったので欲しくて(オイ)。
10連+単発何回か回しましたが、その他のイベ限定カードは来てくれず(涙)。

あとですね、杉田さんきっかけで始めましたがいまやすっかり渡部推しになっております。渡部ヤバイですよね、渡部…。

ちょっとスタマイの話はまた追々。
渡部推しの人はぜひ語りましょう。待ってます。

あけましておめでとうって9日過ぎてんじゃねえかアァァ!!

ってなわけで銀魂風で幕開けしてみました。
あけましておめでとうございます!
昨日からアニメ4期も始まりましたし、ですしお寿司。

年末年始は、もちろん大銀魂展にも行ってきました。
前期と後期で2回行ってきた。

f:id:qkyano:20170109214156j:plain


銀さんイケメン。

1回目はおひとり様、2回目は同行者ありで行ったんですが、おひとり様は時間を気にせずじっくり見て回れましたし2回目は新たな発見や同行者に言われて気づいた部分もあって、それぞれ楽しかったです。

前期・後期の展示入れ替えや日替わり展示もありましたしねー。
ちなみに日替わりは、1回目が似てる二人は喧嘩する回、2回目は沖田神威ドリームマッチ回でしたよ。

最初に見て何より驚いたのは、思ったより原画が繊細な線で描かれていたこと。
漫画も読んでいたのですが、少年誌ということもあってもっと力強い線な気がしていて、でも実際見てみたらすごく繊細でした。
消した下書きの線なども見えて、ここの表情はこういう風に迷ったんだなあと思うとまた感慨深かったです。

何よりこの毎週連載を12年以上も続けてこの世界を生み出してくれている空知先生にありがとう…。

f:id:qkyano:20170109215326j:plain


アニオンカフェも行ってきましたー!!

いいじゃない、30半ばでもいいじゃない。
昨年、イエモンのコラボカフェに行ってからコラボカフェって楽しいな…とこの歳にして思いまして笑
今回も行ってしまいましたよ。
中には1人でドリンクを4つくらい頼んでる方もいらして、やはり本物のファンは違う…と思いましたよ。

90分入れ替え制でしたが、実はお腹の調子が悪く2回もトイレに駆け込んだのは内緒だよ。沖田のロシアンたこ焼きも、もちろん1発目で当たったよ。


本当は今年の抱負でも掲げてみようと思ったのですが、大銀魂展で大半占めてしまったのでまた次回に。

そんなわけで今年も楽しんでまいります。よろしくお願いいたします。

イオンシネマはエポスカードで1300円に

クリスマスですね~。
我が家はAbemaTVの大門未知子でクリスマスを迎えております。

昨日は『ファンタスティックビースト』、観て来ました。

魔法への招待:『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』メイキング・ブック

魔法への招待:『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』メイキング・ブック

 

 
ちょっと想像してたのとは違ったけど、エディ・レッドメインは素敵だった~!
あとティナとクイニーのファッションもとても好みでかわいかった!
クイニーはルーナっぽい雰囲気があって何か関係あるのかと思ったけど、ニュートの方が孫がルーナと結婚するっていう繋がりでしたね。

昨日は他の予定がなくなってしまい、急遽観に行こう!となったのですがレイトショーだと遅すぎるし、早い方だと定価料金になるしな~と思って調べていたところ、エポスカードを持っているとイオンシネマが1300円で観れることが判明。

イオンシネマの優待・特典 | エポトクプラザ | エポスカード

 

この「エポトクプラザ」から申し込んで購入し、ロッピー等で引換券を発券してイオンシネマの窓口に持っていくと1300円で鑑賞できます。

エポスカードを持っていないと使えないワザですが、関東だとマルイの10%セール用に持っている方も多いのではないでしょうか(^ ^)

すぐに使えるワザでどの時間でも大丈夫なので、もしイオンシネマエポスカードを持っている方はお試しあれ!

私も初めて知ったので、覚書用に残しておきます~。